• アミノレブリン酸とは

    今、アミノレブリン酸(ALA)という言葉が話題になっていますが、その意味と効果を解説します。アミノレブリン酸は約36億年前生命が誕生した時に出来た天然のアミノ酸で、動植物に欠かせないクロロフィルやヘムの前駆体として重要な役割を担っている物質です。



    人間の体内では一日約700?ほど生成され、皮膚がんの治療や脳腫瘍の術中診断に利用されています。



    また近年では光合成細菌を用いた発酵法に成功し、肥料や化粧品や健康食品などの開発に発展してきました。

    アミノレブリン酸の役割は大きく、人間の体内で赤血球を作るヘモグロビンを生成し、植物では人間で言えば血管に値する葉緑素を生成します。またALAの細胞中の発電所と言われるミトコンドリアに存在しエネルギーや代謝に関与する天然のアミノ酸としても知られています。



    ALAはもともと体内にある物質ですが、毎日生産されています。


    生産量が一番多いのは赤ちゃんの時でその後徐々に生産量が減っていきます。

    ALAが減ると疲労感が増し老化現象が起こります。

    昔はこのような知識もなかったので寿命も今と比べて短かかったのですが、時代と共に研究、開発が進み昔と今の同じ年齢と比べても若くなり、寿命も長くなっています。それほどにアミノレブリン酸の摂取は人間の体に欠かせない物なのです。


    アミノレブリン酸の多く含まれている食品は、黒酢や赤ワインなどですが、これで補うとなると結構な量が必要になります。
    なので美しさや健康を維持するために現代ではサプリメントや化粧品などで補う必要があるでしょう。